子宮頸がんワクチン(定期予防接種)について

子宮頸がんワクチン(定期予防接種)について


子宮頸がんワクチンは、予防接種法に基づく「定期接種」となりましたが、厚生労働省の予防接種・ワクチン接種後の副反応(持続的な激しい疼痛・運動障害等)の調査・説明等が不十分であり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的すすめべきではないという見解が出されてため、本村においても、現在は積極的な勧奨を差し控えています。

子宮頸がんワクチンの接種は可能ですが、接種に当たっては、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解したうえで接種を受けるようにしてください。

接種を希望される方は、予診票を送付しますので、担当課(福祉保健課)までご連絡ください。


●接種対象者:小学6年生〜高校1年生まで


●接種回数:全3回(同一ワクチン)


●接種料金:無料(※ただし、対象年齢までに限る)



【参考資料関係】

子宮頸がんリーフレット(詳細版)
https://www.mhlw.go.jp/content/000679261.pdf

子宮頸がんリーフレット(接種後版)
https://www.mhlw.go.jp/content/000679263.pdf

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansensho28/index.html


問い合わせ先  福祉保健課(担当:金城・古堅) TEL:43−2202







このページの先頭へ