第三者行為でケガをした場合は届け出を!

国保に加入している人が、交通事故やケンカ、他人の飼い犬に咬まれた等、第三者行為でケガをした場合でも、国保を使って治療を受けることができます。
これは、被害者の治療を優先的におこなうことを目的とし、本来は加害者が支払う医療費を国民健康保険が一時的に立替えて支払うもので、国保が立替えた医療費は、後日加害者へ請求します。


国保を使って第三者行為によるケガ等の治療を受けたときは、『第三者の行為による傷病届』の提出が義務付けられていますので、速やかに届出するようお願いいたします。


第三者行為による傷病届出書の提出に関する書類については、
下記の沖縄県国民健康保険団体連合会のホームページよりダウンロードしてご使用下さい。

沖縄県国民健康保険団体連合会HP http://www.okikoku.or.jp/



お問い合わせ
福祉保健課
電話:0980-43-2202

このページの先頭へ