国頭・大宜味・東村と沖縄公庫が 助言業務協定を締結

  国頭村(村長:宮城 久和)、大宜味村(村長:宮城 功光)及び東村(村長:伊集 盛久)と沖縄振興開発金融公庫(理事長:川上 好久、以下「沖縄公庫」)が、平成30年2月23日、「国頭村・大宜味村・東村 地域振興プロジェクト助言業務に関する協定」を締結しました。 

本協定は、国頭村、大宜味村及び東村が実施する地域振興プロジェクトに対し、沖縄公庫が構想・企画段階から助言することを目的としております。
北部三村にまたがる地域は西表島及び鹿児島県の奄美大島・徳之島とともに世界自然遺産登録を目指しております。また、世界自然遺産登録に向けて、世界的にも貴重なやんばるの自然環境を持続的に守るため、平成28年9月15日に「やんばる国立公園」に指定されました。世界自然遺産登録が実現するとこれまで以上に自然環境の保全に対する意識が高まるとともに、観光産業をはじめとした地域の活性化が期待できます。

助言業務協定締結により、国頭村、大宜味村及び東村と沖縄公庫との連携が強化され、地域の活性化が期待されます。


詳しくはこちらから。

 

このページの先頭へ