予防接種 MR(麻疹風疹)2期未接種のお子様について

未接種のお子様(保護者の方)へのご案内です。
注意事項及び禁忌事項をよくご覧のうえ接種を受けるようお知らせします。


持参するもの
  ・母子手帳  ・予診票


接種場所
  こちらをご確認ください。(北部地区医師会HP参照)
  ・沖縄県立北部病院(通院患者のみ)

 事前にお電話にて予約し、接種を受けて下さい。


接種前の注意事項
  予診票は、必ず保護者が記入し押印を忘れないこと。


禁忌事項
予防接種を受けることが出来ない児

  ◆明らかに発熱がある児(通常37.5℃以上)
  ◆重い急性疾患にかかっている児
  ◆今までに予防接種後30分以内に、ひどいアレルギー(*アナフィラキシー)反応をおこしたことがある児
  ◆免疫機能に異常のある病気にかかっている児、及び免疫を抑える治療を受けている児
  ◆その他医師が不適当と認めた児
  *アナフィラキシー:じんましん・口腔や喉の粘膜の腫れ・呼吸困難・低血圧・ショックなどが急激に現れるアレルギー反応




※問診票への署名・押印を忘れないで下さい。
※接種期限を過ぎてしまうと自己負担となります。
ぜひ期間内に受けて下さい。
※他市町村で接種済みの方や、期日までに接種できない方は役場(福祉保健課)までお電話下さい。43−2202




麻疹(はしか)・風疹について


●病気の説明

【麻疹(はしか)(Measles)】

 麻疹ウイルスの空気感染によって起こります。感染力が強く、予防接種を受けないと、多くの人がかかる病気です。発熱、せき、鼻汁、目やに、発疹を主症状とします。最初3〜4日間は38℃前後の熱で、一時おさまりかけたかと思うと、また39〜40℃の高熱と発疹がでます。高熱は3〜4日で解熱し、次第に発疹も消失します。しばらく色素沈着が残ります。
 主な合併症としては、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。患者100人中、中耳炎は約7〜9人、肺炎は約1〜6人に合併します。脳炎は約1,000人に1〜2人の割合で発生がみられます。また亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約10万例に1〜2例発生します。このように予防接種を受けずに、麻疹(はしか)にかかった人は数千人に1人の割合で死亡します。


【風疹(Rubella)】

 風疹ウイルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2〜3週間です。軽い風邪症状で始まり、発疹、発熱、後頸部リンパ節腫脹などが主症状です。そのほか、眼球結膜の充血もみられます。発疹も熱も約3日間で治るので「三日はしか」とも呼ばれることがあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は患者3,000人に1人、脳炎は患者6,000人に1人くらいです。大人になってからかかると重症になります。
 妊婦が妊娠初期にかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により心臓病、白内障、聴力障害などの障害を持った児が生まれる可能性が高くなります。



「予防接種と子どもの健康」2015年度版より

このページの先頭へ