水道

水道事業の実施体制について
  水道事業の実施体制

小規模貯水槽水道の管理について

 東村簡易水道事業給水条例施行規程において、小規模貯水槽(タンク)の管理責任者(設置者)は、次に掲げる管理基準に従い、管理することとなっています。

 

・水槽の掃除を1年以内ごとに1回、定期に行うこと。

・水槽の点検等有害物、汚染水等によって汚染されるのを防止するために必要な措置を講ずること。(蓋の施錠、亀裂の有無、防虫網の破損、タンク周辺の清掃など)

・供給水が人の健康を害する恐れがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し、かつ、その水を使用することが危険である旨を関係者に周知させる措置を講じること。

・色度、濁度、臭気、味、残留塩素に関する検査を行うこと。

基幹管路の耐震化状況について

   基幹管路の耐震化状況


経営比較分析表について
  経営比較分析表

東村水質検査計画に基づく結果報告書について
  毎月検査結果報告(1月)


 

このページの先頭へ