観光

東村へのアクセス

東村は「山原」(やんばる)と呼ばれ沖縄本島北部の東海岸にあり、北は国頭村および大宜味村、南西は名護市と接し南東は太平洋に面し、東西に4〜8km、南北に26kmの細長い村です。

アクセス

お車でお越しの方

源河コース(西海岸)
那覇からは国道58号線、又は沖縄自動車(有料)を名護市許田向けに北上し、名護市源河で右折、山越えルートの県道14号線を約8km走ると東村有銘に到着します。山越えの途中、下りで太平洋と有銘湾がご覧になれます。

大宜味コース(西海岸)

源河を通り過ぎ、さらに辺土名向けに北上すると右側に大宜味中学校が見えてきます。
中学校を約100m過ぎた所にある宮城橋の手前を右折し、県道9号及び国道331号を約8km走ると東村平良へ到着します。

二見コース(東海岸)
東海岸沿い(太平洋側)は、国道329号を北上し、名護市二見入口から右折し、国道331号をさらに北上し東村へ到着。
 

※那覇市から91km(約100分)

※名護市より26km(約40分)



バスでお越しの方
  • 那覇バスターミナル → 名護バスターミナル
    20・21・120・111番 (※111番は高速バス)
  • 名護バスターミナル → 平良バス停
    78番(名護東部線 ・ 二見廻り)、73番(東村:川田線 ・ 高江着)
 系統  名護バスターミナル発  東村、平良(たいら)バス停着 所要時間
 78番 名護東部線
(二見(ふたみ)廻り。平良終点)
 5:55
※16:45
※19:40
 7:35
18:25
21:20
 100分
100分
100分
 73番 川田線
(平良経由、高江終点)
 5:50
13:40
17:30
 6:40
14:35
18:15
 50分
50分
50分

※印は名護二高校経由

観光情報

慶佐次湾のヒルギ(マングローブ)林

慶佐次川河口(広さ約10ha)から上流に向かって発達した沖縄本島を代表するヒルギ林は、海水と淡水が混ざり合う汽水域に生息する植物です。ここではメヒルギ・オヒルギ・ヤ工ヤマヒルギの3種が見られ国指定天然記念物でも知られている。

ウッパマ

ウッパマ

長さ1kmに及ぶ真っ白な砂浜が広がり、夏場は多くの家族連れなどが海水浴やキャンプを楽しむ。

村民の森つつじ園

村民の森つつじエコパーク

村民の森「つつじ園」は、4万8000本のつつじが植栽され3月頃になると色鮮やかに咲きそろい日本一早い開花を迎える。また、 つつじ園からは東村平良湾のキラキラ輝く青い海と、広大なパイン畑が訪れる人の目を楽しませます。

  • イベント : つつじ祭 【3月】

福地ダム

福地ダム

県内最大の福地ダムの周囲には展望台や遊歩道があるり、 やんばるの豊かな自然を肌で感じながら、のんびり散歩が楽しめる。また、敷地内には、水資源やダムの役割などを解りやすく説明したダム資料館がある。

  • イベント : 東村夏祭り&福地ダムまつり 【8月頃】

福地ダム「自然観察船」

福地ダム「自然観察船」

福地ダム湖岸に広がるやんばるの自然を間近に見ることができる船。ダム湖の奥に流れ込む支流の近くまで入ることが可能で、これまで見ることのできなかった珍しい眺めや、生き物の姿に出会える。環境を考慮し、岸に接岸して観察するときは電動モーターを使っている。

                      TEL:0980-43-3300
 

沖縄やんばる海水揚水発電所

高江の北方500mの位置に建設された世界初の海水揚水発電施設。夜間、海水をポンプで断崖の上にある高さ132mの池に汲み上げ、昼間に海水を落下させて発電される。


このページの先頭へ