世界自然遺産登録決定について

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」世界自然遺産登録決定 
村長コメント


 第44回世界遺産委員会において、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産として登録が決定され、非常に大きな喜びを感じております。
これまで登録に向けて取り組んでいただきました国、県、及び関係機関に対しましては心から感謝申し上げます。

先人たちが守り、育んできたやんばるの森が世界に認められたことにより、今後、地域の活性化に大きく寄与するものと期待しております。

この豊かな自然環境を村民や県内外の方々に感じていただけるよう、適切な管理と環境の保全を推進し、次世代へ受け継いでいけるように取り組んでまいります。




令和3年7月27日


東村長 當山 全伸

このページの先頭へ